クリニックについて

つどいのクリニック柿田

理念

地域精神医療への貢献を目指します
様々な状況に柔軟な対応ができるスタッフチームを構築するため、職員間の活発なコミュニケーションを図ります
グループの力を活かして、精神医療の質、ひいては地域メンタルヘルス改善を図ります
アウトリーチを医療の軸に置き、現場でできる関わりを目指します

診療方針

○顔の見える心の医療:
患者さま、医療スタッフ、地域の皆さまと

○落ち着いて話せる環境づくり:
個別で、グループでクリニックのみならず、地域の様々な場面で「つどい」を実践します

ごあいさつ

「つどいのクリニック柿田」院長の柿田と申します。

生まれ育った関西から、平成19年に長野県へと移って以来、当地での精神医療に微力ながらお手伝いをさせていただいております。
この間、2つの病院で多くの治療経験を積ませていただきました。
私が信州でお世話になって早11年が過ぎ、居を構えた上伊那にて精神科医としての集大成を目指したいとの思いが、日に日に強まってまいりました。

この度、多くの方々のご尽力をいただき、ここ飯島町にて精神科・心療内科のクリニックを開業させていただく運びとなりました。
二人の娘たちをのびのびと育てていただいたこの上伊那の地で、地域のかかりつけ医として、様々な「つどい」を実践し、地域精神医療、メンタルヘルスの向上、さらには地域活性化に貢献させていただくことで、ささやかな恩返しができましたら幸いに存じます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

院長  柿田 充弘

医師プロフィール

院長柿田 充弘Mitsuhiro Kakita

経歴:

○昭和42年 大阪市生まれ
○京都大学医学部を卒業後、京都大学医学部附属病院精神科での臨床研修を経て、兵庫県・公立豊岡病院精神科に勤務。デイケア担当医、精神科代表医長、医局会幹事などを務める。
○平成19年4月、長野県立駒ヶ根病院(現・長野県立こころの医療センター駒ヶ根)に移籍。依存症病棟担当医などとして勤務。
○平成25年6月より、社会医療法人栗山会飯田病院精神科に勤務。
○平成30年9月につどいのクリニック柿田開院

所属学会:

日本集団精神療法学会
日本病院・地域精神医学会

資格:

精神保健指定医
臨床研修指導医
難病指定医
認知症サポート医